化粧水の種類いろいろ

化粧水といったら、肌を保湿して状態を整え、滑らかにもちもち肌にするために使われる基礎化粧品の1つです。

ほとんどの女性の方、中には男性の方も、洗顔後は化粧水を使用していることでしょう。

そもそも化粧水は江戸時代から始まるほどの歴史を持っている化粧水で、昔から肌の乾燥を何とかしたいと多くの方が考えていたことがうかがわれます。

さて、そんな化粧水も、化粧水注目情報によると、たくさんの種類があるものとなりました。

一般的な化粧水と呼ばれているものは、柔軟化粧水と言われているもので、洗顔後に肌に潤いを与えて肌荒れを起こさないようにするために、使用します。

主成分は水で、グリセリンをはじめとした様々な成分を配合して、保湿作用を高めるようになっています。

美白化粧水と言われるものは、肌に潤いを与えるだけでなく、シミやそばかす、日焼けを防いだり、出来てしまったシミなどを消したりする作用を持たせてあるものです。

美白化粧水の多くは、成分としてビタミンCやビタミンC誘導体が配合されています。

また収れん化粧水というものもあります。

これは、脂性肌の方が使われることが多いのですが、皮脂の流失を抑えて肌を整える働きを持たせている化粧水です。

毛穴ケアとも呼ばれることが多くなりました。

収れん作用のある成分としては、クエン酸や乳酸などを使用しています。

また、ふき取り化粧水という化粧水も耳にするようになりました。

これは、化粧水をコットン等に含ませて皮膚をふき取るようにして使うことで、ピーリング作用や洗顔目的で使用することがあります。

このように、化粧水と言ってもいろいろな種類があるので、どのような化粧水を使いたいのか、自分で希望を明確にしておくといいですね。